スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.09.29 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

食べすぎ

飲み仲間Tちゃんと山梨までさくらんぼ狩りに行ってきました!



行きの電車で崎陽軒の焼売を片手にビールで乾杯するチーム飲兵衛。


ほろ酔いで軽快にさくらんぼの木に上り貪り食ってやりました!



たらふく食べた後にはまたすぐビール片手に移動。


ぶどうの丘で景色を眺めながらBBQ。
今度は地ビールで乾杯!




あいにく曇りだったけど、景色もなかなか素敵でなかなかグズグズでゆるーい良い休日でした!









帰りの電車でわりかし寝れたので横浜に戻って最後はコレ!





飲んでばっかりだぁぁ


酒蔵ツアー2日目  ジャニを追跡!

旅、2日目。



岐阜を離れ、伊勢へ!!
名古屋からの電車にジャニ発見。だからと言って何するってわけじゃないけども、
Tちゃんは、本当にわからないようだ。
ジャニーズわからなくなる歳なんだよね〜・・はふー



地理にまったく明るくない私たち

「伊勢ってどこ!?岐阜!?」

などと失礼なことを言いながら伊勢神宮へ。車のナンバーを見て、ここは岐阜ではなく
三重だということが判明しました。三重さんすみません。





素敵な木だわ〜とのんきにお散歩してたら、伊勢駅で巻かれた(ホントは追い越しただけ)
ジャニ再登場。しかも、なんとゴルゴサングラスからマスクに変装アイテムが
変わっていた。

いやぁ芸能人って大変だ・・・・。


外宮をお参りしたあと、ジャニに一方的に別れを告げバスで内宮へ。

 

内宮、すんごい混んでてびっくり、さすが日曜の観光地。
Tちゃんは「ジャニいないかなー」などとまったく興味がないくせに言う。




鳥羽駅で遅めの昼食♪
ビールに貝!!貝!!貝!!はふーーーウマス!!!!




鳥羽一郎って、鳥羽出身だから鳥羽一郎っていうんだって・・・。知らなかったーーー!!!





慣れない団体旅行でしたが、何ーーーも考えずについていくだけっていうのも
なかなか楽しかったです。ちと恥ずかしいけど。




帰りに新幹線では爆睡・・・・。お疲れ様でした。




そうそう、関ジャニ、さすがにカッコよかったです。













 


酒蔵ツアー1日目 酒好きばかりで民族移動

また?という突っ込みは承知の上ですが、また、岐阜に行ってきました。



今回は前回のようなミスもなく、余裕を持って合流、新幹線に乗ることができました。
飲み仲間Tちゃんのお誘いで参加した今回の旅は、なんと16人という大所帯で
繰り広げられるオトナの団体旅行です!

こんな集団行動、修学旅行以来だろうな。




まずは酒蔵見学!こんなとこまで見せてもらえるの!?ってくらい酒造りを
見学させてもらいました。



高温多湿なお部屋。毛布にくるまったお米がたくさん。

私「うちのおばあちゃんの部屋と同じにおいがする・・・・・」

T「わかる気がする!!!!」

なぜだ・・・・。
















夜は見学させていただいた酒蔵さんの客間?で宴会。
杜氏さんのお知り合いの方の自然薯料理やさんがなんと出張!!


素敵な自然薯料理に素敵な日本酒。素敵すぎました・・・・。



熱燗が苦手な私ですが、勧められるままに飲んだぬる燗、、美味しすぎた!!!!
お酒を選ぶことだけど、これからぬる燗、、チャレンジできるかも!!




どんだけ飲んだんだ?くらいだったけど、仕込み水も一緒にがふがふ飲んでたので
心配したほど二日酔いにはなりませんでした。







靴の浸水にご用心 飛騨旅行2日目

飛騨旅行2日目!

昨日とはうって変わって晴天の高山。

とはいえ雪道は冷えるので防寒で世界遺産白川郷へ!

白川郷って、何?観光地?としか思ってなかったんだけど、
世界遺産だったんだね・・・。


国の指定文化財、和田家。




ひとり300円払っておうちの中を見学できるんだけど、
何がびっくりしたって、和田家、まだ人住んでるッス。
もしや入口で300円徴収してたのは和田さんだったのか!?

いつも観光客が自分ちにいるなんて考えられない・・・。


なぜかカオナシ。
結構似てる。ハイクオリティ〜。



展望台からの眺め。素敵すぎた。



実は、展望台の下からバスが出てて、ものの5分で展望台まで
行けたんだけど、それにまったく気づいてなかった我々は
なんと50分もかけて山道を登り、展望台まで行くという
ナイスミステイクを犯しておりました・・・・。



途中追い越していくバスの中からの「何やってんのこの子ら」な
視線がすごく痛かったです・・・。



高山ラーメン。博多のラーメンとは違ってすごくあっさり。
さっぱり美味しかった。


白川郷から高山に戻ってきて、観光やらお土産買ったり。



地酒もラーメンも飛騨牛も堪能したけど、どーしても飲めなかったのが
飛騨高山高原地ビール・・・・。



結局電車が来るまでの30分ですべりこんだのはおなじみの千年の宴。
仕方なく普通のビールと地酒で乾杯して、旅の総括。




なんやかんやとバタバタだったけど楽しい旅でした。




しかし、なぜ旅中に次の旅の相談するんだろうね。。

 




 


旅にハプニングはつきものです。飛騨旅行1日目

飛騨高山に行ってきました!



やぱり事件は朝から起こる。あの悪夢アゲイン
新横からの新幹線の発車は6:11。5時半頃の電車に乗って向かう予定が、
起きたら5時半。これはいったいどういうことでしょうか。


あーまたやってしまった・・・。


とりあえずダッシュで着替えて出発。タクシーを必死の思いで捕まえ、
新横へ向かう。当然、喘息になる。ゲホゲホ。


運「大丈夫大丈夫!必死さは伝わったから!おじさん急ぐから!」


す、、すみません・・。おじさんの必死の運転によりなんとか間に合ったものの、
ここからもまたびっくり。チケットを持って入口まで来てくれた友はふたり
しかも、なんかにやけている。




ん?Nちゃんがおらぬぞよ。




私が到着したのが出発の5分前。
Nちゃん現れず、ホームには新幹線が到着。ああ、、Nちゃん・・・。


結局Nちゃんは現れず、非常にも新幹線は新横を出発。これまで数々のあやうい
旅をしてきた我々だけど、乗り過ごしたのは初めてかもしれない・・・・。



かくして、Nちゃん不在のまま3人で飛騨高山の旅は始まったのでありました。


高山までは新横→名古屋→高山と乗り継いでいきます。

みるみるうちに雪景色になる外に一抹の不安を覚えるチーム横浜。
私はレインブーツという名の長靴で参戦。



高山までの約4時間の旅で、Nちゃんから連絡があったのはもうほぼ高山の下呂付近。
電話の向こうでNちゃんはぽつり。



「何が起こったのか理解できない」



それはそうでしょうな・・・。

しばらく考えた結果、なんとNちゃんは今から新幹線を手配して高山に来るらしい!!!!!
す、、スゴイ!!!!私だったら、、、行かない、、、かも・・・・。




飛騨に到着!!!びっくりするぐらいの積雪にドン引き・・・。
雪って音を吸収する?車の走行の音も全然聞こえない。なんだか素敵でした。
写真は「古い街並み」っていう通り?なんか違うネーミングはなかったのかしら・・・。







高山には酒蔵がたくさんあって、酒蔵巡りや試飲もたくさんできるんでやんす(じゅるり)

200円〜で小ぶりの升で試飲ができます。1合も飲んでたら酔っ払っちゃうけど、
このサイズならちょうどいい感じ。
皆で違う種類の頼んでいろいろ楽しい!





15時半頃に待望のNちゃん到着!!!スゴイ、、ホントに来たよー!




夜ごはんはやはり飛騨牛が食べられるお店!
でもなぜか、写真がない・・・・。飛騨牛と地酒の楽しい夜でした。





罰あたりなことにビールを三脚替わりにしているアホカメラ共。



2つ並んでバカ度アップ。




続く。








サッポロビールは永遠に(北海道食い倒れツアー最終日)

食い倒れツアーも本日最終日。

今日で食い倒れも終わりです。ホテルをチェックアウト、荷物を預けていざ朝市へ
(と言ってもこの時点ですでに11時)

朝市では実家へのお土産を購入し、さくっと旅土産完了。

途中であり得ないくらいの大きさのさくらんぼに感動していたところ、その店のオッサンが
おいしいスープカレーの店を紹介してくれました。


店の前にてNちゃんの不穏な動き。

N「私、、、この店来たことあるかも・・・・・メニュー違うけど・・何より駐車場が同じ!!!!」

このNちゃん、北海道は5回目?くらいだとか。紹介してもらった店が前と同じなんて・・・。
まさにミラクル。
(後日聞いたところ、やはり同じ店だったそうです。)

スープカレーって初めて食べたけど、おいしかった。カレー味ではあるけど、
いつも食べるカレーとは違う感じ。



ご飯食べた後は札幌観光!!なにせ、私札幌初めてですから!!!

テレビ塔や時計台などメジャーどころに連れてってもらいましたが、時計台って
ホントに小さい!!というか、町と一体化してるじゃん!!


ここで写真を撮ってくれたオッサン、
「こんなつまんないとこいないで別のとこ行きなよ!!ジャンプ台とかいいよ!!!
観光タクシーみたいのでひとり4000円くらいだよ!!おこずかいまだ持ってる!?
ところでおじさんタクシーの運転手なんだけど、どぉ!?」

おこずかいって、、、子供じゃないんだから・・・。

ここでまたNちゃんの奇跡
「あのおじさん、、去年もあそこに立ってて写真撮ってもらった・・・・」

なんと!!!オッサン・・・・。


オッサンはスルーしてサッポロビール博物館へ。

ここでは試飲が一杯250円!!お得よね〜ベビーチーズもついてます。




そんなこんなで帰る時間が迫ります。

ちょうど大通公園でビアガーデン祭り開催中。
サッポロはもちろん、キリン、サントリー、アサヒ、あと外国ビールがそれぞれ1区間ずつ
ビアガーデンを展開してるんですよ!!
なんて素敵な催し!!!!時間もあんまりなかったんだけど、1杯だけビアガーデンしてきました。
(それより何より寒かったんだが・・・)




21時前のフライトで無事自宅に到着。2泊3日お疲れ様でした!!!



と、言いたいところだが、2泊3日のお留守番でスネスネの黒い方、ソファのど真ん中に
どえらい地図をやってくれちゃいました・・・・。


ホント、、、すんませんでした・・・・・。


全然混んでない(北海道食い倒れツアー2日目)

今にも雨が降りそう!!2日目はツアーに入ってた旭山動物園です。

クレームを出したいくらいにしゃべりが天才的にへたくそなバスガイドさんに
連れられて旭山動物園へ。

彼女いわく「今日は夏休みということもあり混雑していますので人気のある
動物は並ばないといけないと思います」

ここで想像するのはやっぱり東京ディズニーランド。さすがにあそこまでは並ばないにしても
いくら涼しいからと言ってもやっぱり並ぶのかぁ・・さすが旭山!!!

中に入るといきなり混んでる!!もぐもぐテラス?なるお食事どころにはすでに
人がいっぱいに並んでいました。ひー!!!

ところが、実際に入ってみると、全然混んでない。上野動物園ならぬ、普段の上野公園でも
こんなに空いてないんじゃないか、というくらいでした。

肝心の動物たちはやっぱり話題になるだけあっていろいろ見せ方が素敵でした。
残念ながら泳ぐ白クマは見れなかったけど、円柱を通るアザラシはばっちり見れました。
餌を取りに20Mくらいの高さまで登って移動するオランウータンなんかは圧巻でした。

こちらはチンパンさんのお子さん。


出っ張りで眠り続けるアザラシ氏。彼は、ずーーっと動きませんでした。


全然広くない動物園なのでじーっくり見ないとすぐ見るとこがなくなってしまいます。
ちなみに、一番並んだのは大人気アザラシ氏の5分でした・・。

帰りも天才的に人をイライラさせるバスガイドさんに連れられて札幌へ戻り、
テルについたのは21時前でした。うーん、、長い旅だった・・。イライラした・・・。

2日目の夕食は何と言ってもジンギスカン!!
これまたガイドブックに載ってた「のざわ」へ。ここもホテルからすぐでした。

生ラム、すげーうめー!!!店はびっくりするくらい家風でしたが、オッサンも良い人で大満足。
夢中で食ってたわけではないけど、写真が見当たらない・・。


ジンギスカンのにおいで服がくさくなったところで、2日は終了です。

サンダルはやりすぎた(北海道食い倒れツアー1日目)

あやうく飛行機に乗れないかも・・という大惨事を逃れてなんとか北海道に到着!!!


さ、寒い!!!!


北海道、寒い!!!!湿度がないから!?


私、サンダルなんですけど・・・羽織るものは急いで持ってきたからまだ良いけど、
さすがに代えの靴を持ってくるまではできなかった・・・。

雨も降りそうだしー前途多難ですが、Nちゃんは何はともあれ北海道限定の
じゃがポックルを空港でGetして一安心。

私「さっきからじゃがポックルって普通に言ってるけど、それは何?有名なわけ?」

N「・・・じゃがポックル知らないの〜!!お金渡すから買ってきてって言われるくらいの
 人気商品だよ!!北海道にしか売ってないんだよ!!」

うーん・・・・知らなかった・・・私がお菓子食べないからか、これが老いというものなのかは
あえて深く追求しないことにした。



北海道についたものの、まったくノープランな我々。2日目に旭山動物園に行く以外は、
「おいしいものをたくさん食べる」しか決まってません。

とりあえずガイドブックを見渡す・・・

N「積丹半島って素敵だねぇ・・・」

ガイドブックに載ってるウニ丼の写真の素敵なこと素敵なこと・・・我々の心をぐっとつかんで
離さないその素敵な写真に魅せられて、小樽からレンタカーを借りていざ積丹半島へ!!
(小樽から車で55分というなんとも観光客にやさしくない地域でした・・・・)

ドライバーはわたくし、運転したのは3年前くらいの八丈島以来ですが、
大丈夫でしょう。ここもなんせ、島ですし。

途中ナビがしゃべらない、道間違っても怒ってくれないので間違えて札幌に向かうなどの
アクシデントはあったものの、無事積丹半島に到着、念願のウニ丼をいただきました!


ちなみに、生きてるウニもいただきましたが、それはそれは素敵な味でした



ウニを食べるだけの為にレンタカーを借りるという大人な行為をした私たち、ちょっとだけ
半島をぐるーっとした後はさくっとホテルのある札幌で戻ったのでした。


ホテルにチェックインしてまもなく時間はもう夜ごはん。

2泊3日で食べれるご飯の回数は限られている為、効率的に回らなくてはなりません。

ちょうど会社の先輩が教えてくれたラーメン屋さんがホテルのすぐ近くということが判明。
夜ごはんはラーメンに決定!!
いやー札幌の番地って、西とか北とか、慣れると覚えやすいですなぁ



本日2食目はガイドブックにも載ってるラーメン信玄。
先輩の教え通り、ふたりで小ラーメン、チャーハン、餃子をいただきました。(もちろんビールも!!)


何が入ってるかわからんけどすんごいスープが美味しい!!!

大満足でホテルに戻り、1日目は終了です。


24時間TVが憎い!(北海道食い倒れツアー始まる)

 「早めの夏休みを取ってそれで今年は終わりです!!」

そう言い放って三宅島にダイビングに行ったのが6月。
その舌の根も乾かぬうちに、今度は北海道に来ている私です。

羽田出発が7時のフライトの為がんばって早起き。
24時間TVでちょうどカマ騒ぎを見ながら余裕でお化粧などしていたところ、
同行のNちゃんからすさまじい数の着信。

飲食店で毎日激しく働いているNちゃん。

ははーん、さては寝坊したな・・・などと余裕をぶっこいて電話に出た。

「何やってんの!?なんで電車乗ってないの!?」

・・・・・・・・・ん?私か?

・・・・・・・・・・・・・・・・・間違えたー!!!1時間時間を間違えた〜!!

7時のフライト、今6時。

ひー!!とりあえず荷物を持ってダッシュで家を出る。
これから帰る途中で第2車線をひた走るタクシーを持ち前の女子力(嘘です)で
魅惑的に止め、羽田に直行!!

私が急いでるのを知ってなぜかテンションだだ上がりの運ちゃん。
きっと疲れてるから変なテンションになっちゃったんだな・・。

そのおかげもあり6時半には無事羽田到着。


はぁ、、間に合って良かった・・・・ホント、すんません。

| 1/1PAGES |

twitter

黒い方のこと



ヤマト  2〜3歳の♂。
里親サイトを通じて
2009年5月我が家に やってきた。
一人っ子になってからわがまま度が
増している・・・。
猫なのに猫嫌い。

auther

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

うちの猫ら 2
うちの猫ら 2 (JUGEMレビュー »)
吉松 文男,吉松 直子

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM